カテゴリー別アーカイブ: 高野孝子の地球日記

早稲田サマーセッション

今年は世界67の国と地域から142人。早稲田大学のサマーセッション
今年は世界67の国と地域から142人。早稲田大学のサマーセッション

「タイから来ました。日本に興味を持ったのはアニメが好きだからです」。「アメリカの大学に在籍しています。母が日本出身ですが、自分には初めての日本滞在です」。

早稲田サマーセッション、略してWSSという4週間のサマーコースの様子だ。今年で3年目となる。履修生はほとんどが海外からで、彼らにしてみれば「短期留学」だ。授業は英語で行われる。私は全体を見渡して、コースを考えたり担当の先生を見つけたりする役割だ。

初年度は手探りで、海外からの76名で開始。やってみたら教員たちにも刺激的で、学生たちもほぼ全員が大満足という評価を残した。そして3年目の今年、履修生は、世界各地67の大学からやって来た142名に加えて、留学から帰国直後の早大生らが18人。授業数は初年度の6から13に増えた。文化や経済、ビジネス、政治など幾つかの分野で、日本やアジアについて、世界の文脈で取り上げることになっている。教員は私を除いて9名だが、4名が海外からこのために来日し、残り5人のうち2人は外国人だ。日本に焦点が当てられるので、基本的に日本について研究している人たちだ。

私はあちこちの授業を訪問して様子を見るのだが、とてもおもしろい。

まず学生たちが多様であること。日本を始め、アジアの幾つかの国出身の学生たちは基本的に静かに聴いていることが多いが、オーストラリアやアメリカ、アジアでもシンガポールの大学生たちは、どんどん自ら手をあげて教員の話に質問したり、自分の知っている例をあげたりして、話が深まったり広がったりしていく。

教員たちも試される。何しろ多様なバックグランドの学生たちから、どんな角度の質問が来るかわからない。国籍も大学がある場所も、暮らしている社会も、日本についての知識もまちまちな学生たち相手に、彼らが理解し身につけることができるように、話を組み立て、彼らの反応を見ながら柔軟に授業を展開していく。

そして教員たちが、海外や日本人以外からの目線で日本について語り、ほとんどが日本人でない学生たちに教えているのが、日本人の私としてとても興味深い。まったく違うレンズで日本を見ることにつながる。日本人としての日本についての常識と違うことも多々あるし、知らなかったことも多い。

「現在、日本はまだ占領状態にある」とアメリカからの教員が話し始めた。終戦直後の日本の様子とアメリカの政策、アメリカからの支援、憲法9条をめぐるアメリカと日本の態度の変遷など、写真を見せながらテンポ良く話していく。

今の日本の政策に言及し、「日本にとっての大きな脅威は中国だ」と明言。教室にいる中国人学生たちはどのように受け止めているだろうかと思いながら聞いていた。

昨年は、日米中シンガポールの学生たちが混じるグループで靖国神社を訪れ、ディスカッションをしたという。思い切った試みであり、人によっては痛みを伴うかもしれない。だが大学の場でこうした重い課題を取り上げなくては、どこでできるだろう。多様な国々から集まった若い世代たちが、率直かつ冷静に意見交換をするのは意義深い。

日本のこれからにとって大切だと思うのは、彼らが日本に大きな関心を持って来ているということ。アニメがきっかけの人たちが多いが、こちらが何を話しても、前のめりで聞いてくれる。単純にうれしいし、彼らは人々や社会と、直接体験を通してつながりを持ち、この国の多様さや様々な局面、醜いところも美しいところもひっくるめて、理解してくれる可能性を持つ。そして関係性ができた彼らを通して、日本の人たちも彼らの国や文化を知ることができるだろう。相互理解や平和は個々人のレベルから培われる。

初年度のWSSに参加したアメリカ人学生が、この4月から早大に留学生としてやってきた。うれしいことだ。ずっと勉強を続けていた日本語は、上手になっていた。彼と連絡を取り合っていたシンガポールの学生が、卒業して就職するまでの時間を利用して、また来日した。2人で一緒に高速バスに乗って、当時、フィールドトリップで訪問した新潟県の村を再訪した。

こうしてつながりを持った人たちは、自由に世界を行き来するようになる。日本での時間が彼らをつなぐ役割を果たせるとしたら、素敵なことだと思う。(2016年7月4日記)

リアルな自然と変化への一歩

わが家の前の田んぼ。水が入った田んぼではカエルが夜通し、猛烈な音で鳴き続ける。何万匹の声だろうか。
わが家の前の田んぼ。水が入った田んぼではカエルが夜通し、猛烈な音で鳴き続ける。何万匹の声だろうか。

カエルの鳴き声。
こんなに大きな音になるなんて。夜は電話で話ができない。先方の声が聞こえないだけでなく、先方も周りがうるさくて「窓を閉めて」と言ってくる。閉まってます、それも二重に。

トノサマガエルの迫力ある低い声も響いているが、何と言っても大音量はあの小さなアマガエル。いったい何匹の音なのだろう。

昨日は、TAPPOプログラムの「山菜講座」だった。教えてくれる健作さんと新緑の中に入っていく。「こういう枯れた木のようなものがヒントです。たどると、ほら」。そこに太いウドがあった。それまでまったく見えていなかったのに、健作さんが手を動かすと、魔法のように現れたのだ。

2歳から60歳代の参加者たちは、次々と何種類もの山菜を採って、袋やカゴにおさめていく。雪深い地で芽を出した山菜たちはえぐみが少なく、けれど香りが強く、美味しいとされる。

我が家の食卓ではここ3週間ほど、連日なんらかの山菜が料理に使われている。山菜のみの日も何日もあった。旬のものだからか、野生のものだからか、エネルギーにあふれている。歯ごたえもしっかりしていて、あふれるエネルギーをバリバリ噛み砕いて、体の中に取り込んでいくイメージが、食べながら自然と湧いてくる。

カエルも山菜も、あまりに具体的だ。山菜は目の前にあり、手で触り、匂いを嗅ぎ、味わうことができる。カエルは夜は見えないが、強烈に聴覚を刺激する、とてもリアルな存在だ。

アースデイ関係のワークショップで。都会では、どうしても人工空間での活動になってしまう。
アースデイ関係のワークショップで。都会では、どうしても人工空間での活動になってしまう。

2週間ほど前の4月24日、20年以上ぶりに「アースディ」のイベントに出かけた。「自然」や「環境」をテーマに、多様な組織がブースを出し、ステージでのトークやプログラムがあった。

そこは代々木公園の一角。草木はあっても生活のない空間。集まってくる人たちの中には、とてもリアルで具体的な人間以外の命との関係を持っている人たちと、そうでない人たちといた。

社会はきっと変わる、人と自然がいい関係になれると信じている人たちと出会った。そのイメージを具体的に持てる人たちが十分な数になれば、社会は本当に変わると思う。そのイメージを具体的に持てるかどうかには、具体的な経験が関わっていると思う。

つまり、リアルな自然と日常的に触れているか、正面からつきあっているか、意識の中にちゃんとあるかということだ。

アースディで触れ合った、あの若い人たちに、このカエルの鳴き声のうねりの中に立って欲しいと思った。
自分の足で斜面を登り、バランスを取りながら踏ん張って、両手で山菜に触れてカマで刈ってみて欲しいと思った。

リアルな自然との関係を自分の中に取り込んで欲しい。頭で考えるだけでなく、きれいな空想でもなく、自然の力強さや人間にはどうにもできないパワーをしっかりと受け止めてくれたら、もっと公正でまっとうな社会に変わる一歩につながるような気がする。(5月8日)