タグ別アーカイブ: 早稲田大学

早稲田サマーセッション

今年は世界67の国と地域から142人。早稲田大学のサマーセッション
今年は世界67の国と地域から142人。早稲田大学のサマーセッション

「タイから来ました。日本に興味を持ったのはアニメが好きだからです」。「アメリカの大学に在籍しています。母が日本出身ですが、自分には初めての日本滞在です」。

早稲田サマーセッション、略してWSSという4週間のサマーコースの様子だ。今年で3年目となる。履修生はほとんどが海外からで、彼らにしてみれば「短期留学」だ。授業は英語で行われる。私は全体を見渡して、コースを考えたり担当の先生を見つけたりする役割だ。

初年度は手探りで、海外からの76名で開始。やってみたら教員たちにも刺激的で、学生たちもほぼ全員が大満足という評価を残した。そして3年目の今年、履修生は、世界各地67の大学からやって来た142名に加えて、留学から帰国直後の早大生らが18人。授業数は初年度の6から13に増えた。文化や経済、ビジネス、政治など幾つかの分野で、日本やアジアについて、世界の文脈で取り上げることになっている。教員は私を除いて9名だが、4名が海外からこのために来日し、残り5人のうち2人は外国人だ。日本に焦点が当てられるので、基本的に日本について研究している人たちだ。

私はあちこちの授業を訪問して様子を見るのだが、とてもおもしろい。

まず学生たちが多様であること。日本を始め、アジアの幾つかの国出身の学生たちは基本的に静かに聴いていることが多いが、オーストラリアやアメリカ、アジアでもシンガポールの大学生たちは、どんどん自ら手をあげて教員の話に質問したり、自分の知っている例をあげたりして、話が深まったり広がったりしていく。

教員たちも試される。何しろ多様なバックグランドの学生たちから、どんな角度の質問が来るかわからない。国籍も大学がある場所も、暮らしている社会も、日本についての知識もまちまちな学生たち相手に、彼らが理解し身につけることができるように、話を組み立て、彼らの反応を見ながら柔軟に授業を展開していく。

そして教員たちが、海外や日本人以外からの目線で日本について語り、ほとんどが日本人でない学生たちに教えているのが、日本人の私としてとても興味深い。まったく違うレンズで日本を見ることにつながる。日本人としての日本についての常識と違うことも多々あるし、知らなかったことも多い。

「現在、日本はまだ占領状態にある」とアメリカからの教員が話し始めた。終戦直後の日本の様子とアメリカの政策、アメリカからの支援、憲法9条をめぐるアメリカと日本の態度の変遷など、写真を見せながらテンポ良く話していく。

今の日本の政策に言及し、「日本にとっての大きな脅威は中国だ」と明言。教室にいる中国人学生たちはどのように受け止めているだろうかと思いながら聞いていた。

昨年は、日米中シンガポールの学生たちが混じるグループで靖国神社を訪れ、ディスカッションをしたという。思い切った試みであり、人によっては痛みを伴うかもしれない。だが大学の場でこうした重い課題を取り上げなくては、どこでできるだろう。多様な国々から集まった若い世代たちが、率直かつ冷静に意見交換をするのは意義深い。

日本のこれからにとって大切だと思うのは、彼らが日本に大きな関心を持って来ているということ。アニメがきっかけの人たちが多いが、こちらが何を話しても、前のめりで聞いてくれる。単純にうれしいし、彼らは人々や社会と、直接体験を通してつながりを持ち、この国の多様さや様々な局面、醜いところも美しいところもひっくるめて、理解してくれる可能性を持つ。そして関係性ができた彼らを通して、日本の人たちも彼らの国や文化を知ることができるだろう。相互理解や平和は個々人のレベルから培われる。

初年度のWSSに参加したアメリカ人学生が、この4月から早大に留学生としてやってきた。うれしいことだ。ずっと勉強を続けていた日本語は、上手になっていた。彼と連絡を取り合っていたシンガポールの学生が、卒業して就職するまでの時間を利用して、また来日した。2人で一緒に高速バスに乗って、当時、フィールドトリップで訪問した新潟県の村を再訪した。

こうしてつながりを持った人たちは、自由に世界を行き来するようになる。日本での時間が彼らをつなぐ役割を果たせるとしたら、素敵なことだと思う。(2016年7月4日記)